*

RIKACOの母・死因!嫌い?渡部・息子・画像・大学・学校・次男・元旦那・cup

公開日: : 最終更新日:2015/05/19 女性有名人(ら行)

スクリーンショット 2015-05-16 13.21.50

RIKACO死因は?元旦那渡部篤郎とは?息子次男画像

大学学校はどこ?嫌いと言われる原因は?cup

スポンサードリンク

 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

RIKACOのカップなどのWikipedia風プロフィールはこちら↓↓

本名:吉川 莉加子(よしかわ りかこ)

出身地:横浜市

身長・体重:169cm・48kg

誕生日・年齢:1966年3月30日・49歳(2015年5月現在)

血液型:A型

カップ:Gカップ(推定)

高校:東京都立日比谷高校(定時制) 中退

職業:タレント・女優

以前は、俳優業は村上里佳子、その他の活動はRIKACOと芸名を使い分けていたそうですが、現在はRIKACOで統一しているそうです。

13歳でモデルとして芸能界デビューをして、タレント業の傍ら現在は洋服や雑貨などのプロデュース・販売などを手がけています。

40代のファッションリーダー的な存在として活動されているRIKACOさん。

最近悲しい出来事があったようです、一体何があったのでしょうか?

母の死因とは?

2015年4月にRIKACOさんの母、吉川 富喜子さんが自宅にて心不全死去しました。77歳でした。

RIKACOさんは富喜子さんと同居していて、朝になって富喜子さんが亡くなっているのを発見しました。

突然の別れを受けて大きなショックを受け、憔悴のまま葬儀を済ませたそうです。

葬儀には元夫渡部篤郎さんが駆けつけ、

RIKACOさんと息子さんたちを励ましたそうです。

渡部さんもかつてはRIKACOさんの母、富喜子さんと同居されていたそうです。

RIKACOさんが忙しい時には富喜子さんが渡部さんの世話をしていて、すごく仲も良かったそうですよ。

まさにサザエさんで言うマスオさんの立場だったんですね、渡部さんは(@_@)

※渡部篤郎さんの画像は⇨コチラ

RIKACOさんはその後、自身のブログでお母様が亡くなったことを報告するとともに

毎日悲しく、寂しく、切なく、どーしよーもない日々でした

と心境を綴っています。

最愛の家族を突然失ってしまう悲しみは計り知れませんね。

この場をお借りして、お悔やみを申し上げます。

元旦那の渡部篤郎さんとの関係は?

1993年、RIKACOさんと渡部篤郎さんは、当時同じ所属事務所だったというご縁でお付き合いをし、結婚します。

結婚当時の渡部さんは無名で駆け出しの俳優でした。

一方RIKACOさんはタレント・女優として大活躍していたので、今で言う格差婚だったのですね。

しかしその後、渡部さんはメキメキと頭角を現し、今や演技派俳優の地位に登りつめました!

RIKACOさんに先見の目があったのでしょうね(@O@)

お互い芸能活動に勤しむ中、2005年には離婚をしてしまいます。

原因をRIKACOさんは

「私が描いていた家庭像と彼が求めていた家庭像や父親像が違ったというのが一番大きかった」

と話しました。

当時はお二人で共演されることがなかったものですから、筆者としては結婚生活がイメージできませんでした。

ですから離婚のニュースを聞いたときにも、にわかには信じられなかったですね。

息子の画像と学校はどこ?

元旦那の渡部さんとの間には二人のお子さんがいらっしゃいます(どちらも男の子です)。

離婚後はRIKACOさんが引き取り、育てていますが、週末には渡部さんを含め4人で会うなど交流をしているそうです。

RIKACOさんのブログにもたびたび登場されていて、仲の良さが伝わって微笑ましいです(^^)

RIKACOさんと息子さん二人との画像は⇨コチラ

左が長男樹也(20歳)さん、右が次男さん(16際)です(年齢は2014年現在)。

どことなくお父さんの面影がチラホラ(^^)

お二人はインターナショナルスクールに通っていたそうです。

芸能人の子供ってほとんどそこですよね(^^;)

長男の樹也さんは現在、俳優・脚本家として活躍されています。

ちなみに渡部樹也(みきやって呼ぶのでしょうか?)は芸名で、本名は渡部 樹(わたべ みき)だそうです。

ドラマでは父の渡部篤郎さんと、舞台ではRIKACOさんと共演を果たしています。

次男の蓮さんは、RIKACOさんのブログによると、18歳になったらアメリカの大学に行くそうです。

母親のRIKACOさんにとってはちょっと寂しくなりますね〜(~_~)

RIKACOが「嫌い」と言われるゆえんは?

RIKACOさんはデビュー当時から、自由奔放で強烈な毒舌や過激な言動が多く、自身の持論を感情的に強く述べることも多いため、バッシング嫌いなタレントとしても取り上げられています。

それが原因で、一時は引退を考えたこともあるそうですよ。

自身のブログでも

「思ったことをつい口に出してしまう。反省も沢山あります。自分の嫌いな所でもあります。相手の気持ちになってキチンと伝えられているか?いつも考えています。結構悩んでいるんだよ~これでもね~」

と自らの毒舌を反省しています。

きっと裏表がない方なんでしょうね〜。

言葉は時に鋭い刃となり凶器にもなりえますから、筆者も気をつけたいと思います。

RIKACOさんのお子さんが手の離れる年齢となりました。

そろそろ他の誰かに寄りかかって生きてみるのもいいんじゃないのかな〜と同じ女性として思います。

余計なお世話でしょうが(^^)

これからのご活躍を楽しみにしております。

1 2・・・>>次へ

スポンサードリンク

まだまだ出てくるウラ話!

PAGE TOP ↑