*

DIR EN GREYのShinyaはきゃりーが彼女?ブログ・画像・年齢・有吉・本名

公開日: : 最終更新日:2015/12/25 男性有名人(さ行)

引用元:https://visualioner.files.wordpress.com/2015/02/bio_shinya.jpg

引用元:https://visualioner.files.wordpress.com/2015/02/bio_shinya.jpg

DIR EN GREYShinya彼女きゃりーぱみゅぱみゅなの?ブログ炎上した?!有吉反省会に出演!本名年齢は?画像

スポンサードリンク

 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

ShinyaのWikipedia風プロフィールはこちら↓↓

本名:寺地 晋也(てらち しんや)

出身地:大阪府

身長・体重:170cm・46kg(2008年データ)

誕生日:1978年2月24日

年齢:37歳

血液型:B型

事務所:SunKrad

(2015年9月現在)

有吉反省会』(日テレ)に出演するDIR EN GREYのドラマー・Shinyaさん。

地味な性格のため、1人だけバンドイメージから浮いてしまっていることを反省するそうです。

プライベートでは1人で栗拾いいちご狩りを楽しんでいるというShinyaさんに対し、MCの有吉弘行さんはただただ驚くばかり。

ちなみにバンドマンといえば”タバコ”ですが、彼は嫌煙者です。

ギャップがすごすぎですよね(^^;)

さらに有吉さんは、食べ物の好き嫌い休日の過ごし方について次々と質問を投げかけていきます。

Shinyaさんはどう答えていくのでしょうか・・・?!

そして有吉さんたちにどういじられていくのでしょうか?

DIR EN GREYはメディアとは常に一定の距離を置き、滅多なことではテレビ出演などしないことはファンの中では常識となっているそうです。

しかし、今回のShinyaさんがバラエティ番組に出ることでその常識が覆され、ファンの間では騒然となっています。

いろんな意味で必見ですね!

今回はShinyaさんについてレビューしたいと思います。

DIR EN GREYってどんなバンド?

幼稚園からエレクトーンを習い、中学時代はブラスバンド部で活動したというShinyaさん。

幼い頃から音楽に触れていたんですね(^^)

高校1年生の頃から既にライブハウスのステージに立って、バンド活動を行っていました。

幾つかのバンドを経て、高校3年生には、DIR EN GREYの前身であるLa:Sadie’s加入するのですが、1997年に解散してしまいます。

そして同年には

「世の中の矛盾や人のエゴから発生するあらゆる痛みを世に伝える」

ことをコンセプトに大阪でDIR EN GREY結成されました。

バンド名の由来・意味

DIR」がドイツ語で「銀貨」、「EN」はフランス語で「〜の」、「GREY」は英語で「灰色」を合わせ、“灰色の銀貨”という意味であるとされている。

造語だったんですね(`o`)

メンバーは5人

(Vo)、(G)、Die(G)、Toshiya(B)、Shinya(Dr)(敬称略)で成り立っています。

現在までメンバーが脱退することもなく、結成当時から変わらぬメンツです。

初期の頃はザ・ビジュアル系というようないでたちでした。

※初期の頃の画像は⇨コチラ

後列右がShinyaさんです。

当時、彼は女性の格好をしていて、紅一点的な存在でした。

女性の格好して髪振り乱してドラム叩く姿を見たら、あまりのインパクトに一生忘れられませんね!

でもそのギャップがまたいいですね♪

※最近の画像は⇨コチラ

左から2番目がShinyaさんですが・・ボーカルの方の変化がすさまじいですね!

初期からメンバーは変わっていません。

大事なことなので二度言いました

1999年のメジャー・デビューの際には、X JAPANのYOSHIKIさんをプロデューサーに迎えるなどして話題になりました。

でも、過激なパフォーマンスからテレビ出演時には苦情が寄せられたそうです(><)

張り切りすぎたか〜

2005年にはベルリン初の欧州単独公演を行い、3500人のチケットが完売

ちょうどこの頃から、ほとんどメイクをしなくなったと言われています。

メイクを止めた理由ギターの薫さんは

「もっと自分たちの内面を表現していきたいと思い始めた時に、そういう(派手な)格好をしていると、どんな気持ちで演奏しても同じに見えてしまうような気がした」

「曲への気持ちの込め方が濃くなってきて、派手な格好では逆に曲に負けているような感じがして」

と語っています。

LUNA SEAGLAYも、昔は濃いメイクに髪の毛逆立っていたけど、次第にナチュラルになりましたよね〜(^^)

V系バンドの人たちって結局最後はソコに行き着いちゃうのかな??

大成功を収めたベルリン公演以来、欧米でツアーを定期的に行い、ドイツやフランスではアルバムやシングルが音楽チャート10位以内に入るなど、大きな反響を受け続けています。

2006年にはアメリカに進出を果たし、欧州フェス「Rock Am Ring」「Rock im Park」では日本人として初めてメーンステージで演奏するというなんとも名誉なことをやってのけました!

海外の方にはすんなり受け入れられたようですね(^^)

ちなみに、世界ツアーでも英訳せずに日本語そのままで歌うことを貫いているそうです。

すごいなあ〜

そして、肝心のDIR EN GREY内でのShinyaさんはどんな感じなのかな?

細身の体とは裏腹のパワフルなドラミングが持ち味だが、のみならず強弱の変化や手数が細かく変則的なフレーズも多く用いる。海外のツアーで共演したドラマーから「あのフレーズはどうやっている?」など、高い評価を得ている。

YOSHIKIさんの影響で「リズムをキープする」より「魅せる」に重点を置いているそうですよ〜!

最後にドラムひっくり返しちゃうのかしら(`q`)

ドラムを叩く際には、グローブをはめるShinyaさん

「一度グローブになれるとグローブなしでは叩けない」

ということです〜かっこいいなあ(^o^)

あの複雑なリズムパターンは、Shinyaさんの卓越したドラムの技術があってこそ成り立つんですね〜(^^)

温厚で物静かな性格でメンバーからは「やもちゃん」と呼ばれ慕われているようですね☆

彼女がきゃりーぱみゅぱみゅ?

恋愛もさぞかしロックンロールなのでしょうか?

ネット上では、きゃりーぱみゅぱみゅさんが彼女ではないかと噂がありました。

※きゃりーぱみゅぱみゅさんの画像は⇨コチラ

きゃりーさんがMCを務めるDAMチャンネルゲストとして出演したShinyaさん。

滅多にメディアに登場しないDIR…の皆さんなのに、単独でShinyaさんが出ることにファンはびっくり!

ファンの方、耳をダンボにして聞いていたのでしょうか(^_^)

当時のやり取りは・・

きゃりー:「今回はお一人での出演ですけど、メンバーがいないと心細かったりしませんか?」

Shinya:「いや、別に」

きゃりー:「Shinyaさんが初めて買ったCDは何ですか?」

Shinya:「T・M・Networkさんの『Get wild』です。小室さん好きだったので」

きゃりー:「ドラム叩いてますけど、小室さんに憧れてピアノやろうとは思わなかったんですか?」

Shinya:「まぁ…特別意識はしなかったです」

全然盛り上がってないがね(名古屋弁)!

文面だけでも伝わる絡みづらそうなきゃりーさん(`o`;)

この共演がきっかけで二人は交際しているのではないか?と憶測が広がりました。

あくまで仕事上の付き合いということで、ねんごろな関係ではないようですよ〜

安心してください、はいてます 付き合っていません

・・・てゆーか上記のまったく意気投合していないトークと「熱愛」はどう考えても結びつきませんけどねえ(^^;)

きゃりーさんではなく、別に溺愛する彼女がいまして、それは・・・・

チワワのみゆちゃん☆

Shinyaさんの飼い犬で〜す(^^)

本当に彼女のように可愛がっているようです。

みゆの他にも、みゆの娘のゆゆ、ネコのティナ、亀のミルショコを飼っています。

Shinyaさんと人間様との恋愛は当分お預けでしょうか?!

ブログが大炎上?!

お笑い芸人のアジアン隅田美保さんの、2011年12月15日に投稿したブログ記事が大炎上する騒ぎが起こりました。

※隅田美保さんの画像は⇨コチラ

問題のブログ記事を抜粋しました。

ギャー  って心臓がバクバクするような感情になりたい気分

こんな時は  京さんの歌を聴こう

ディル・アン・グレイの音楽はいつ聴いても興奮する

切ないけど強い  そして色気がある…

京さんに会いたいな~  早く帰ってこうへんかな~

いっぱい話したい事あるんやけどな~

次、会えるのは年明けてからになりそうやな…

 

DIR EN GREYのいちファンであり、ボーカルの京さんとはプライベートで仲がいいことをうかがわせる内容ですね。

そこにDIR…のファンの方が過剰反応して、コメント欄に2000件を超える怒りの書き込みが殺到する事態となりました。

この騒動を受けて、12月17日に隅田さんは謝罪記事を投稿します。

しかしこの謝罪記事がさらにファンの逆鱗に触れ、コメント欄は再び大荒れの大炎上となったんです(><)

謝罪文は以下の通りです。

 

コメントが凄い事になっていてビックリしました…

私の書いた内容に  不愉快な気分になられた方がいたみたいで

それは申し訳ありません

失礼ながら私は京さんと言う人がどんな人か

知らないまま仲良くさして頂いてて、

縁で京さんの歌を知り衝撃を受けいつからか

力をもらうようになりました

何か誤解を受けるような言い方に

とられてしまったのであれば

私にも問題がありました…

やいやい言われるのは別に構いません

ただ、私はこれからも変わらずディル・アン・グレイの音楽に力を頂く事でしょう!

宜しくお願いします。

一見反省しているようにも見えますが、ファンの方にとっては火に油を注ぐ形になってしまったようです・・。

隅田さんの謝罪についてネットでは

「ファンに喧嘩売ってるって解釈でいいですか? 」

「今回の記事で、失望しました。 ファンに謝って下さいよ」

「いい歳した大人なんですから、配慮くらいされたらいかがですか? 」

中には、隅田さんの容姿を批判する書き込みもあったようです。

 

現在、隅田さんのブログでは、炎上のきっかけとなったブログ記事と謝罪記事ともにコメント欄は封鎖されています。

昔、田原俊彦さんと松田聖子さんがCMで共演したことで、聖子ちゃんがトシちゃんファンから言われもないバッシングを受けたそうです。

なんだか、隅田さんのブログ炎上ってそれに似ているような・・・?

そう思うのは筆者が熱狂的なDIR EN GREYのファンでないから、そんな悠長なこと言ってられるのかな?

ブログって自分の気持ちを素直に吐露出来る場と思っていましたが、自分の放つ言葉で傷ついたりする人がいるのかなと思うと、もう何も書けなくなっちゃいますね(><)

 

 

最後に

話をShinyaさんに戻して、彼の意外すぎる面白エピソードを抜粋します。

  • 一時期マジックにハマっていて、海外でのツアー先では現地のマジックの道具を買っていた。
  • 藤子不二雄のファンで、藤子・F・不二雄ミュージアムに行って、一番気に入ったものはオバQの顔ハメ看板
  • 1時間以上の映画等を見るのが苦手で、寝てしまう

 

しかしドラムのことになると誰よりもストイック

自分が作ったフレーズがどんなに複雑でも、絶対に叩けるようになるまで練習するというShinyaさん。

素晴らしい信念をお持ちなんですね(^^)

難しいから妥協して変更する、ということは絶対に無いんですって(@_@)

中学一年生のときにドラムを始めてから、ドラム一筋の人生をまっとうしようとするShinyaさん

おっとりした性格と、ドラムを叩いているときの真剣な眼差しのギャップがたまらなく、彼の何よりの魅力のようですね☆

今後のさらなるご活躍を願ってやみません!

1 2・・・>>次へ

スポンサードリンク

まだまだ出てくるウラ話!

PAGE TOP ↑