*

ドナルドキーンに養子?自宅・小澤征爾・NHK・柏崎・明治天皇・結婚・子供・画像

公開日: : 男性有名人(た行)

引用元:http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/0a/5d/edf7a648d79cc0304a891c60a2638678.jpg

引用元:http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/0a/5d/edf7a648d79cc0304a891c60a2638678.jpg

NHKスペシャルに登場!ドナルド・キーン養子がいる?自宅はどこ・柏崎?!小澤征爾との関係は?明治天皇の著作がある!結婚している?子供は?画像

スポンサードリンク

 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

ドナルド・キーンのWikipedia風プロフィールはこちら↓↓

本名:キーン ドナルド

出身地:アメリカ合衆国

身長・体重:非公表

誕生日:1922年6月18日

年齢:93歳

血液型:非公表

最終学歴:コロンビア大学大学院東洋研究科博士課程修了

職業:文学者・文芸評論家

(2015年10月現在)

2015年10月のNHKスペシャルでは、ドナルド・キーンさんの波乱に満ちた人生を描くドキュメンタリードラマが放送されます。

日本国籍取得後、本名を出生名の「Donald Lawrence Keene」から、カタカナ表記の「キーン ドナルド」へと改めました。

通称(雅号)として漢字で”鬼怒鳴門”(きーん どなるど)を使っています。

日本人よりも日本人らしい”と言われているドナルドさん。

一体どんな方なのでしょうか?

今回はドナルド・キーンさんについてレビューしたいと思います。

源氏物語で日本が好きに?!

1922年に アメリカ・ニューヨークに生まれたドナルドさん。

母子家庭に育ち、決して裕福とは言えない生活を過ごしました。

奨学金を受けながら、飛び級を繰り返して16歳コロンビア大学文学部に入学します。

飛び級ですか?!

ドギーハウザーのようだ!(昔やってたNHK海外ドラマ)

頭がいいんですね!

コロンビア大学って歌手の宇多田ヒカルさんもそこのOBですよね?!

ドナルドさんは、学生時代に「源氏物語」の英訳を読み、日本文化に興味を抱きます。

その時は、日本に文学があることすら知らなかったそうです。

じゃあどうして読もうと思ったのか?

それは、ぶ厚さの割にお値打ちだったということだけで購入したそうです。

ところが、意外にも夢中になってしまいます☆

ミイラ取りがミイラになった(^^;)?!

その時の心情をドナルドさんは

暴力は存在せず、「美」だけが価値基準の世界。

光源氏は美しい袖を見ただけで女性にほれ、恋文には歌を詠む。

次々と恋をするが、どの女性も忘れず、深い悲しみも知っていた。

私はそれを読むことで、不愉快な現実から逃避していた。

と語っています。

そこからは日本語を学び始めるとともに、日本研究の道を歩みます。

日米開戦後は海軍情報士官として、玉砕した日本兵の遺書の翻訳や捕虜の尋問に従事しました。

沖縄戦にも従軍して、沖縄の人々に投降を呼びかけたこともあるそうです。

平和主義者のキーンさんは

「無意味に大勢の人が死んだ。生涯忘れられない」

と、戦争のむごさを語っています。

その後は、コロンビア大学、同大学院、ケンブリッジ大学を経て、1953年に京都大学大学院留学します。

京都に下宿していたある晩のこと、その日は満月。

ふいに竜安寺を見ようと思い立ちます。

月光に照らされた石庭の美しさに身動きの取れないドナルドさん。

ふと傍に目をやると、いつのまにかそばに一杯のお茶が置いてあったのです。

おそらくお寺の関係者の方が置いたのでしょうか?

石庭に見惚れていたドナルドさんを邪魔しないようにと気を利かせてそっと置いてくれたのでしょうね(^^)

日本のもてなしにいたく感激したドナルドさんは、ますます日本のことが大好きになったそうです☆

2年間の留学を終え、コロンビア大学で日本文学を講義するため教壇に立ちます。

教材として松尾芭蕉の『奥の細道』を使用したそうです。

1955年から同大学の助教授・教授を経て、大学名誉教授にまで上り詰めました。

2011年4月末に退職してから、同年9月より日本に永住をします。

2012年3月、念願だった日本国籍を取得

東日本大震災後、多くの外国人が日本を離れたと知ったドナルドさん。

「私は日本に行き、ずっといる。(日本を)信じます、と知らせたかった」

「私は自分の感謝のしるしとして、日本の国籍をいただきたいと思う」

胸が熱くなるコメントです!

日本を見捨てずに、しかも永住を決意してくれるなんてよほど日本のことが大好きなのでしょう(^o^)

終戦直後の焼け野原だった東京が復興したように、今回の天災もきっと日本人は乗り越えてくれるだろうと信じているドナルドさん。

筆者も同じ気持ちです。

2011年夏にニューヨークの自宅を引き払ったドナルドさん。

現在は、かつてから日本滞在時の住まいであった東京の北区西ヶ原で暮らしています。

東京都名誉都民、北区名誉区民にも選ばれ、すっかり溶け込んでいるようです(^^)

1962年に菊池寛賞を受賞してからは、

  • 読売文学賞
  • 毎日出版文化賞
  • 勲二等旭日重光章
  • 文化功労者
  • 文化勲章受章

など、多数を受賞しています。

家中が トロフィーや賞状だらけになるわい(^o^;)

ドナルドさんは、文芸評論家としても多くの著作があります。

日本に関する著作は、日本語のものが30点、英語のものがおよそ25点ほど出版されています。

主な著作に

  • 「日本人の西洋発見」
  • 「日本との出会い」
  • 「百代の過客」
  • 「日本文学史」
  • 「明治天皇」

などがあります。

明治天皇について書く際に、友人であった作家・安部公房さんから、書けば右翼から脅迫に遭うだろうと忠告されます。

※安部公房さんの画像は⇨コチラ

ところが、実際書いてみると、どこからも脅迫されずドナルドさんは逆に意気消沈したそうです(~~;)

もし何か言われたらこう言い返してやるぞ!と考えていたのかな??

身長・血液型は?

帝京大学客員教授の荒井 邦壽(くにひろ)さんが、ドナルドさんについて

「キーン先生は、日本人男性の平均身長と同じぐらいの背の高さ、痩せ型、眼鏡、控えめ、女性的な優しい仕草をもった紳士である。」

と語っています。

日本人男性の平均身長を調べると、70歳以上だと162.1cm体重61.4kgとの統計が出ています。

それほど高くないのですね。

血液型も不明ですが、アメリカ人に多い血液型がO型だと言われているので、もしかしたらドナルドさんもO型なのかな??

結婚している?養子?

生涯独身を貫いているドナルドさん。

あえて言うならば

日本という女性と結婚した」

と本人はおっしゃっています。

日本は、買い物をした際に店員からお礼を言われると、ホッとするそうです。

結婚する相手は安心できる人がいいですよね(^_^)

2012年3月に、新潟市西蒲区出身の浄瑠璃三味線の奏者・上原誠己(せいき)さんを養子に迎えました。

※上原誠己さんの画像は⇨コチラ

名前は「キーン誠己」。

養子というので、てっきり青年かと思いましたが…中年のおじさまだったんですね(^^;)

お二人の出会いは、2006年。

誠己さんがキーンさんに浄瑠璃について教えてもらうため訪ねて以来、交流が始まります。

浄瑠璃にも詳しいドナルドさん、おそるべしです!

養子縁組の話は2011年夏ごろ、キーンさんから申し出たそうです。

誠己さんは、キーンさんが日本国籍を取得する前に再び要請され、決めたといいます。

現在、キーンさんと同居して、スケジュール管理・健康面など生活をサポートしています。

エネルギッシュに見えるドナルドさん、90代の後期高齢者ですからね。

老後のことを見据えての養子縁組だったのかな?

小澤征爾との関係は?

「持っているCDの3分の2以上はオペラ

豪語する、熱心なオペラ愛好家のドナルドさん。

2015年にBS―TBSの開局15周年特別企画として、世界的指揮者の小澤征爾さんとの対談が実現しました。

※小澤征爾さんの画像は⇨コチラ

オペラの魅力や思い出などを語り合ったそうです。

のちに『小澤征爾×ドナルド・キーン 音楽、オペラそして人生』という番組名で放送されました。

二人はこれが初対面ではなかったんですよ〜。

遡ること2008年、小澤さんとドナルドさんが同時に文化勲章を受章し、その授賞式初対面となりました。

ドナルドさんがオペラ好きと知っていた小澤さんは、授章式でまるで古くからの友人のように親しげに話し掛けてきたそうです。

アメリカでも小澤さんは大人気

ドナルドさんは現地の公演に足を運んだこともあるそうです。

すっかり意気投合した二人。

それ以来、招待されては「世界のオザワ」の公演を楽しんでいるそうです(^^)

柏崎に記念館?!

2013年9月、新潟県柏崎市にドナルドさんの業績を紹介する記念館ドナルド・キーン・センター柏崎」がオープンしました。

キーンさんは2007年、柏崎を舞台にした古浄瑠璃の復活を働きかけ、300年ぶりの復活公演に結びつけた功労者でした。

この縁を生かそうと菓子メーカーのブルボンが、記念館建設を計画しました。

同社の研修センター2階の約360平方メートルを改装

キーンさんが約30年間暮らし、日本文化を世界に発信する拠点だった米ニューヨーク市書斎と居間を再現しました。

寄贈された書籍約1700点、レコードとCD各約300点、家具や調度類約100点も展示されています。

書籍は来館者が実際手に取ることができるとのことです(変更されていたらごめんなさい)。

 

柏崎という第三の故郷ができましたね♪

最後に

我々日本人は、もっと日本の良さについて知るべきだと思いました。

日本人より日本のことをよく知っているドナルドさん。

これからもお体に気をつけてください!

応援しています!

1 2・・・>>次へ

スポンサードリンク

まだまだ出てくるウラ話!

PAGE TOP ↑