*

キャシー中島の長女・ブログ・旦那!葬儀・洋輔・息子長男・娘・フラ・キルト・cup・画像

公開日: : 最終更新日:2015/09/12 女性有名人(か行)

引用元:https://d268xjvaauth8r.cloudfront.net/media/2778/img01.jpg

引用元:https://d268xjvaauth8r.cloudfront.net/media/2778/img01.jpg

キャシー中島長女旦那はいるの?葬儀はいつだった?息子洋輔長男フラダンサーが結婚?!キルト展cup・画像・ブログ

スポンサードリンク

 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

キャシー中島のカップなどのWikipedia風プロフィールはこちら↓↓

本名:勝野 八千代(かつの やちよ)

出身地:ハワイ・マウイ島

身長・体重:160cm前後・90kg台(推定)

誕生日:1952年2月6日

年齢:63歳

血液型:B型

カップ:Cカップ(推定)

職業:タレント

(2015年8月現在)

今回取り上げるのはキャシー中島さんです。

タレントとしてだけでなく、キルト作家としてもおなじみですよね(^^)

静岡県御殿場市キルトミュージアムをはじめ、国内でキルトスタジオを8店舗運営しています。

さらにはキルト展を全国各地で開催するなど、精力的に活動していらっしゃいますね(^^)

キャシーさんの織りなすキルトは色彩豊かで、筆者もファンの一人です(*^o^*)

その芸術的才能は、国内をもとよりパッチワークの本場アメリカのキルトコンテストでも数々の受賞歴があり、高く評価されています。

そして俳優・勝野洋さんの奥様ですね!

※勝野洋さんの画像は⇨コチラ

勝野さんは刑事ドラマ『太陽にほえろ!』のテキサス刑事役で一躍人気者になった方です。

現在はラジオの『テレフォン人生相談』のパーソナリティーを務めていらして、悩める相談者に寄り添い、時には叱咤激励しているアツい方です(^^)

熟年離婚が叫ばれる昨今、勝野さんご夫妻は年を重ねてもいつまでも仲睦まじいですよね〜(^^)

モデル出身だった?!

父はアメリカ人(軍人)、母は日本人を持つハーフのキャシーさん。

1969年、レナウンのCMモデルデビューします。

モデル時代には1度結婚しているそうで、勝野さんとは再婚だったんです(`o`)

※キャシー中島さんのモデル時代の画像は⇨コチラ

びっじ〜ん!

現在のふくよかなお姿からは想像つかないですね〜。

どちらも魅力的なキャシーさんであることには変わりませんが(^^)

1972年には『ぎんざNOW!』のアシスタントを務め、司会のせんだみつおさんとともに人気を得ます。ナハナハ!

キャシーさんは、当時珍しいハーフタレントの先駆けだったんですね〜(^^)

1979年に勝野さんと再婚します。

出会ってわずか1ヶ月スピード婚

結婚式をあげた時にはすでにお腹に赤ちゃんがいたそうです。

デキ婚ですか〜(@o@)

お二人の間に

  • 1979年11月:長女・七奈美さん
  • 1982年1月:次女・雅奈恵さん
  • 1983年10月:長男・洋輔さん

1男2女のお子さんをもうけました。

※ご家族の画像は⇨コチラ

左から洋輔さん・雅奈恵さん・七奈美さん・キャシーさん・勝野さんです。

お子さん3人目鼻立ちくっきりの美男美女ですね(^o^)

1998年には七奈美さんと雅奈恵さんでペア写真集を発売して芸能界デビューしています。

※写真集の画像は⇨コチラ

長男・洋輔さんは、俳優として活動しています。

出産・子育てを機に芸能活動を一時休止していたキャシーさん。

1984年に本を出版したのを機に、再び活動を開始します。

1987年〜1991年に放送された『独占!女の60分』(テレビ朝日)のサブ司会として注目を集めました。

筆者はこの番組で彼女を知りました。

一人恰幅のいい迫力のある女性がいるものだ〜もしかして”番長”か?

と子供ながらに勝手なイメージを抱いていました(スミマセン)。

当初は、自然の中で子どもたちを育てたいという事で、静岡県御殿場の自然豊かな所で生活をしていました。

その頃、芸能人の田舎暮らしは珍しがられたそうですよ。

勝野さん、都内で仕事のある時は東名高速を使って通っていたようです(@_@)

今では子どもたちの成長と共に、生活の拠点を東京に移し現在に至るという感じですね。

長女の早すぎる死

モデルやジュエリーデザイナーとして活躍していた長女・七奈美(ななみ)さん。

5年間の交際期間を経て、2008年にヒップホップダンサーの猪田武さんと結婚します。

※猪田武さんの画像は⇨コチラ

幸せ絶頂の中、七奈美さん2009年2月に咳が止まらないなどの体調不良を訴えます。

検査の結果、肺がんが見つかり、その後入院して治療に専念します。

しかし、5ヶ月後の7月7日に家族に看取られ、29歳の若さでこの世を去ってしまいます

その後、葬儀・告別式が東京・新宿の千日谷会堂でしめやかに営まれました。

喪主を務めた夫の猪田さんは、涙で声を詰まらせながら

「七奈美、太陽のような人」

「あなたの人生に奇跡を見ました。そんな七奈美を心底愛しています。最後に永遠にありがとう」

とあいさつしました。

キャシーさんは自身のブログ

「ななみは何がおこっているのか、さいごまで全部知っていました」

「それでも泣き言を言わない強い子でした」

と七奈美さんの闘病生活を振り返ります。

「今はただひたすらななみが恋しい!」

「あまりにも心が空洞で、なにでそこを埋めていいかわかりません」

と愛娘の突然の死を受け入れられない喪失感をつづっています。

我が子が自分より先に旅立つなんて何よりも耐え難いことです。

その後、勝野さん・キャシーさんご夫妻は、娘の死を無駄にしないために、がん撲滅「773(七奈美)チャリティー」を設立しました。

チャリティーグッズを販売して、売上の一部を毎年7月7日に「財団法人 がん研究振興財団」へ寄付をしています。

現在も定期的に株式会社マナ・ファクトリーのHPにて報告をしているようです。

さて、最愛の妻を亡くした猪田さんは、現在どうしているのでしょう

キャシーさんのブログによると、先日七奈美さんの七回忌法要を終えた勝野さんが、

「七回忌を期に武ちゃん(猪田さん)にはこれからは自分の幸せに向かって歩いてほしい、新しい家族を作ってほしい」

と周囲に話していたようです。

とすると現在、別の方と再婚はしていないようですね。

キャシーさんのブログには度々猪田さんのことを書かれており、我が息子同然で接している姿が伺えます。

時折、二人で七奈美さんとん思い出話について数時間語らうこともあるそうですよ(^^)

猪田さんは、株式会社マナ・ファクトリーの代表取締役を務めている傍ら、ヒップホップダンサーとしての活動に多忙を極めているそうです。

お体に気をつけてお過ごし下さい・・・。

娘はフラダンサー!結婚?

次女の雅奈恵(かなえ)さんは女優・フラダンサーとして活躍中です。

父・勝野さんと舞台で親子共演をしたこともあるそうな。

そして2015年2月に、スイス人学生のリカルドさんと国際結婚しました(^o^)

※雅奈恵さん・リカルドさんの2ショット画像は⇨コチラ

これまたイケメ〜ン!

雅奈恵さんによれば

「リカルドさんはメガネをしているとハリー・ポッター、取るとトム・クルーズに似ている」

恋は盲目!我が恋人はハリウッドスターをも超えるのよ!

エクスペクト・パトローナム〜!!!

馴れ初めは、2013年に知人の紹介で出会いました。

リカルドさんは単身で来日したのを知った雅奈恵さんが

「ほっとけなくて」

と“逆ナンパ”で急接近します。

翌年に、雅奈恵さんの留学先のフランス・パリでプロポーズされ、結婚を前提にした交際をスタートします。

同年7月に、リカルドさんは雅奈恵さんの両親と対面を果たします。

日本語で挨拶するリカルドさんの心意気を感じた勝野さん。

さらに手を交わしたことで誠意が伝わったそうな。

 

2人の姿を見た雅奈恵さんは

「父が認めた人かなと、それを見て強く結婚しようと思いました」

と明かしました。

結婚後はキャシーさんたちと同居するそうです。

最近は、「嫁は婿の家に入る」という図式が崩れていますね。

いいのよそれで!

同居なんてロクなことない!

住むなら自分(嫁)の親と住みましょう!

亡くなった七奈美さんには、彼と出会ってからずっと報告しているそうです(^^)

天国のお姉さんもきっと喜んでいてくれることでしょう(*^^*)

雅奈恵さん、お幸せに!

キャシーさん、孫が生まれたら忙しくなりますね〜(^^)

最後に

今回キャシーさんについて調べていくうちに、娘さんとの悲しい別れに胸が痛み、涙がこみあげる事もありました。

それでも残された家族が結束を固めて懸命に生きていく姿。

勝野ファミリーによって筆者は”家族”のあり方を考えさせられました。

キャシーさんをはじめご家族の方の今後の活躍、温かく見守っていきたいですね。

1 2・・・>>次へ

スポンサードリンク

まだまだ出てくるウラ話!

PAGE TOP ↑