*

落合福嗣の嫁・画像!山口・障害?伝説・声優・現在と子供・野球・ドラえもん

公開日: : 最終更新日:2015/06/18 男性有名人(あ行)

スクリーンショット 2015-06-17 12.39.11

落合福嗣山口出身!画像子供いるの?現在の職業声優?!きっかけは龍が如く?!ドラえもんと共演!野球していた?発達障害なの?

スポンサードリンク

 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

落合福嗣のWikipedia風プロフィールはこちら↓↓

本名:落合 福嗣(おちあい ふくし)

出身地:愛知県名古屋市

身長・体重:186cm・120kg

誕生日・年齢:1987年8月20日・27歳

血液型:O型

高校・大学:国士舘高校・国士舘大学 21世紀アジア学部

所属事務所:青二プロダクション

(2015年6月現在)

かつてロッテ・中日ドラゴンズ・読売ジャイアンツなどでプレーをした野球選手 落合博満さんの長男落合福嗣さん。

お母様は落合信子さんですね。

※ご家族の画像は⇨コチラ

ご両親が有名人のため、福嗣さんは幼少の時からメディアに登場しています。

かつては「フクシくん」と呼ばれ、親しまれていましたね(^^)

今回は彼についてレビューしたいと思います。

結婚して子供も生まれていた?!

2010年にインターネットSkypeを通じて山口県出身の一般女性・花織さんと知り合い、結婚をされています。

※奥様・花織さんの画像は⇨コチラ

めちゃくちゃ美人じゃないですか!!!!

メールで送られた顔写真の可愛らしさに、福嗣さんは思わず母・信子さんにすぐ見せに行ったそうです。

たびたび奥様はコスプレをなさっているようで、もしかしてアニメ好き

お互いの趣味が高じて意気投合して結婚に至ったのでしょうか。

お姑さんがアノ信子さん、そしてお舅さんは落合氏なんですよね・・・。

筆者がもしお嫁さんの立場だったら緊張してしまいそう(^^;)

でも花織さんは、そもそも落合博満という人物を知らなかったようです。

「親じゃなくて、福嗣が好きだから一緒にいるんだよ」

と花織さんは福嗣さんに伝えます

素晴らしい!!筆者が浅はかでした!

一時は人間不信に陥っていた福嗣さんだそうですが、心から信頼できる人生の伴侶をゲットできて心安らいだことでしょう!

そして2014年1月には第一子となる女児が誕生しました。

福嗣さんのツイッターにもお子さんがたびたび登場されています。

あんなに駄々っ子だった「フクシくん」が・・・立派に家庭を持ったなんて。

親戚の子供の成長を見ている感覚です。

よかったね!お幸せに~~~!

ようやく掴んだ天職・・?!

家庭を持った福嗣さんの現在のお仕事声優だそうですよ。

そこにたどり着くまでには紆余曲折があったそうです。

かつては父の落合博満さんにならって、福嗣さんも一時は野球の道を歩んだそうですよ。

国士舘中学時代には、軟式野球チーム「世田谷ウイングス」の大型内野手として活躍するも、国士舘高校在学中に野球を断念します。

その断念した理由は、高校内でいじめられていた・膝を負傷したなどの噂がありますが、真実は明らかになっていません

大学在学中からご両親の知名度を生かして、歌手・コラム執筆・著書出版など、さまざまな職種を経験します。

しかし、どれも長続きせずに終わってしまいました。

大学も、8年の歳月をかけて2013年に卒業をします。

てことは結婚生活を続けながら、学生をされていたんですね。

2010年のゲーム「龍が如く4」で自らをモデルにした格闘家役の声を演じたことで、基礎から声優の技術を学びたいと思い立ちます。

そして大学卒業後の2年間、アミューズメントメディア総合学院東京校 声優タレント学科に通いました。

2015年4月についに念願だった「青二プロ」のオーディションに合格します。

父には涙ぐまれ、母・信子さんには

「コラムニストだの何だのあったけど、これだというモノはなかった。『声優』の肩書は、うれしいよ」

号泣されたといいます。

青二プロといえば名声優が数多く在籍する事務所ですね。

例えばドラゴンボールピッコロ役古川登志夫さん。

ワンピースルフィ役田中真弓さん・・・・。

挙げればきりがありません(^^;)

その偉大なる声優さんの中に、福嗣さんの名前が連なることになろうとは・・・!

声優好きな筆者も感慨深いものがあります。

人生一度きり、回り道したっていいじゃないですか。

ご自分の「天職」を見つけられて羨ましいです(^^)

ドラえもんがデビュー?

事務所の先輩・水田わさびさんのブログに登場した福嗣さん。

※水田わさびさんの画像は⇨コチラ

水田さんは福嗣さんを事務所の新人として紹介するとともに

「今日は彼にとってプロとしてスタジオデビューという記念すべき日でした。そんな貴重な収録にわさびが共演できたことを嬉しく思います」

と彼が声優デビューしたことを報告しました。

これについてネットでは、水田さん自身が主役を務める「ドラえもん」に声優デビューするのでは?と話題になりました。

しかし事務所は

「どの作品でデビューするということはお答えできないですが、『ドラえもん』では確実にありません」

とドラえもん説を一蹴しています。

どうやら出演したのは、文化放送「青山二丁目劇場」のラジオドラマ「腹を空かせた客」という作品のようです。

第2次世界大戦直前のラーメン店を舞台にしたドラマで、福嗣さんは劇中で流れる「無線の声」を吹き替えたそうです。

まだまだデビューしたてですからね。

先輩の背中を追いかけ、端役からコツコツとやっていくのではないでしょうか。

将来について福嗣さんは

「いつかは、『珍プレー好プレー』の父のナレーションもしてみたいですね。オレ流というより、僕はボク流で」

と語っていました。

是非とも実現していただきたいですね(^^)

伝説と障害?

かつては「悪童」と呼ばれ、周囲から恐れられてきた福嗣さん。

彼の「伝説」と呼ばれる数々の悪行?!を抜粋してお伝えします。

新聞記者の革ジャンを奪い取る

 

TV番組の家族対抗ボウリング企画で、「ストライクとったら何かくれんの?」と言い、 俺流ルールで自分だけ何回も投げ直し、だめだったのに泣き叫んでごねていた。 最後には「こんな難しいレーンがあっていいのか!?」と、番組スタッフにブチ切れる

 

2004年にリーグ優勝を果たした中日ドラゴンズの優勝祝賀会に登場し、母・信子に誘われてビールかけに参加したが当時17歳、国士舘高校野球部の部員であったことに加え、このシーンが全国にテレビ中継されていたため、後に高野連から親子ともども厳重注意を受けた

 

こうした奔放な発言・行動から彼は「発達障害」なのではないかと噂がありますが、どうやら違うようです。

野球選手として遠征などで、家には1年の半分しかいないお父さんに福嗣さんは寂しさを感じていたのでしょう。

自分にかまってほしいの裏返しで、突拍子もない行動をしていたのではないでしょうか(*o*)

障害があろうがなかろうが、福嗣さんを理解し、温かく見守っているご家族がいらっしゃるから素敵ですよね。

いつまでもお幸せに!

1 2・・・>>次へ

スポンサードリンク

まだまだ出てくるウラ話!

PAGE TOP ↑