*

片岡仁左衛門の家系図!息子・若い頃・人間国宝・殺人・妻・娘・愛之助・画像

公開日: : 最終更新日:2015/12/17 男性有名人(か行)

引用元:http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5a/b7/bc305d9db4e729a66526f6e525847b42.jpg

引用元:http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5a/b7/bc305d9db4e729a66526f6e525847b42.jpg

人間国宝・片岡仁左衛門若い頃画像は?家系図片岡愛之助との関係が分かる?!息子・娘がいる!殺人事件?

スポンサードリンク

 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

片岡仁左衛門のWikipedia風プロフィールはこちら↓↓

本名:片岡 孝夫(かたおか たかお)

出身地:大阪府

身長・体重:177cm・非公表

誕生日:1944年3月14日

年齢:71歳

血液型:O型

中学・高校・大学:不明

屋号:松嶋屋

趣味:設計図を書く

(2015年12月現在)

2015年12月の『情熱大陸』(TBS)では、十五代目 片岡仁左衛門(にざえもん)さんに密着します。

声よし、顔よし、姿よし」と三拍子揃った歌舞伎界を代表するお方ですね。

スラリと長身で、優しげな目元で多くの女性ファンをにしています(^^)

仁左衛門さんは、若い頃から時代劇や大河ドラマなどに出演していました☆

筆者が初めて仁左衛門さんを知ることになったのは、本名片岡孝夫で活動していた頃です。

大河ドラマ『太平記』(NHK)で後醍醐天皇を演じられたのですが、なんとも気品のあること!

こんな素敵なお方がいらっしゃったのね〜と目がハートマークになっちゃいました(^^)

※後醍醐天皇を演じられた若い頃の仁左衛門さんの画像は⇨コチラ

若い頃・・と言っても40代ですが、すごくお綺麗な顔立ちをしていらっしゃいます(^o^)

五代目坂東玉三郎さんとの孝玉コンビが人気を集めるなどの実績から、三男ながらも15代目仁左衛門抜擢されました(1998年)。

仁左衛門さんって長男じゃなかったのね(`o`)

長男の継承が多い歌舞伎界の中ではレアなケースですね!

5歳初舞台を踏んでからは、立役(男役)として歌舞伎の舞台に上がっています。

もともと関西を中心に活躍していたのですが、関西歌舞伎の低迷により、20代で東京に拠点を移しています。

今年10月には人間国宝に認定されました。

今回は十五代目片岡仁左衛門さんについてレビューしたいと思います。

妻・子供は?

仁左衛門さんは、小学校の同級生だった博江さんと結婚します。

※妻・博江さんの画像は見つかりませんでした(><)

博江さんの幼い頃は”女ターザン”の異名をお持ちだったそうです。

活発な女の子だったようですね(^_^)

物静かな仁左衛門さんとは対照的ですね♪

梨園の妻はいろんな意味でタフでないと勤まりませんからねえ(^_^)

お二人の間には一男二女の3人の子供がいます。

長男片岡孝太郎(たかたろう)さんは歌舞伎役者として活躍中ですね(^^)

※片岡孝太郎さんの画像は⇨コチラ

映画・ドラマにも出ていますね☆

最近では2014年に公開された映画『小さいおうち』に出演していました。

孝太郎さんはバツイチで、前妻との間に長男の片岡千之助さんがいらっしゃいます。

※片岡千之助さんの画像は⇨コチラ

つまり仁左衛門さんのお孫さんですね☆

2003年に初お目見得をして、現在は15歳。

立派になられました!

2008年には親子3代公演を行い、話題となりました(^^)

孝太郎さんは2015年3月に、14歳年下のアパレルデザイナー・真麻さんと再婚しました。

仁左衛門さんの長女は、元宝塚の男役・汐風幸(しおかぜ こう)さん。

現在は退団して、片岡サチという芸名で舞台を中心に活躍しています。

※片岡サチさんの画像は⇨コチラ

次女片岡京子さんも女優をなさっているそうですが、それ以上詳しいことはわかりませんでした。

(画像も見つからず・・・)

殺人事件?!

仁左衛門さんについてネット検索すると、”殺人事件”となにやら物騒なキーワードが?!

どうやら戦後間もなく起きた片岡仁左衛門一家殺人事件のことですね。

殺されたのは12代目の片岡仁左衛門さん。

※12代目片岡仁左衛門さんの画像は⇨コチラ

1946年に、東京の自宅で夫人・四男・女中二人とともに、住み込みの門人によって薪割り用の斧で殺害されたのです。

犯行の動機は「食べ物の恨み」だったそうです・・・。

戦後間もない頃は、食糧事情の悪さなどで治安も悪かったそうです。

現在の日本では考えつかない出来事があったのです(u_u)

悲惨な事件の5年後に、13代目になるべく仁左衛門の名跡を継いだのは、12代目の従兄弟にあたる11代目の息子です。

つまり今回レビューしている15代目のお父様ですね。

※13代目仁左衛門さんの画像は⇨コチラ

本来ならば、12代の長男に引き継ぐはずでしたが、事件のこともあったので遠慮したのではないかと言われています。

その長男は片岡我童 (13代目)という名で、女方として活躍しました。

※片岡我童の画像は⇨コチラ

13代目没後は、「仁左衛門」の名跡は、既に他界していた12代の長男(片岡我童さん)に戻ります。

詳しくは家系図のリンクを貼りましたのでご覧ください。

※家系図は⇨コチラ

現在ドラマで活躍している片岡愛之助さんは、仁左衛門さんの兄の養子なんですねえ(^^)

※片岡愛之助さんの画像は⇨コチラ

人間国宝になった!

2015年には人間国宝に認定された仁左衛門さん。

13代目の父も人間国宝だったそうで・・・すごいです!

そもそも”人間国宝”って何でしょうか?!

人間国宝(にんげんこくほう)は、日本の文化財保護法第71条第2項に基づき同国の文部科学大臣が指定した重要無形文化財の保持者として各個認定された人物を指す通称である。

では一体どうやって認定されるのでしょうか??

重要文化財に指定・認定されるにはいくつかの段階を踏まなければいけません。

  1. 文化庁内部で候補を提案する。
  2. 大臣が開く文化審議委員会で検討される。
  3. 文化財調査会がその候補に対して調査を行う。
  4. その調査結果を文化審議委員会が報告を受ける。
  5. そして大臣が認定をする。

鶴の一声ですんなりというわけにはいかないんですねえ(`o`)

国は支援制度として、人間国宝に年額200万円の特別助成金を交付しています。

もちろんこのお金で飲みに行っていいよっていうお金ではなく、後進育成に使ってねの意味が込められているのだと思います(^_^)

記者会見で仁左衛門さんは

「本当にありがたく、たいへん恐ろしい気持ちです。

今までは仁左衛門としての舞台がいいか悪いかを考えてやってきましたが、文化財に認定されますと、悪い…ではすまない。

人間国宝とは誰がお名付けになったのか(笑い)。

国の宝と言われると、ちょっと恥ずかしいですね」

涼しい目元をほころばせつつ、感想を口にしました。

物凄い肩書きがついて、プレッシャーでしょうね(^^;)

最後に

テレビでの役者業と、舞台での歌舞伎活動を並行させ、成功させた先駆的存在でもある仁左衛門さん。

後に故坂東三津五郎さん、中村獅童さん、片岡愛之助さんが続きました。

高校中退し、歌舞伎の発展に尽力してきました。

「子どものころは、友だちが学校に行き、放課後に遊んでいるのに、なぜ自分はけいこをしなきゃいけないのか。

学校にも行けず、公演で1カ月休むこともしょっちゅうあったので、つらかった

役者をやめたいと何度も思いましたが、徹底して仕込んでいただいたことを、父に感謝しています」   

歌舞伎役者の子って将来は約束されていますが、その前には厳しい稽古を積まないと舞台には立てませんよね(~_~)

芝居に終わりはない

役作りにしても、歌舞伎には型がありますが、その型はなぜできたのかを考えて演じないといけない。

なぜここで右を向くのか、それは理由がある。

そこを考えない若い人(役者)が増えている

と、将来の上方歌舞伎へ危機感を口にしました。

「若い人たちには人気、奇策に走らず、とにかく地道な修業を続けていただきたい。

劇場側も無策の客寄せに走らないでほしい」

と若手役者にクギを刺した仁左衛門さん。

これも歌舞伎の発展のためにおっしゃっているんでしょうね。

坂東三津五郎さん、中村勘三郎さん・・歌舞伎の華が旅立ってしまう中、色々思うこともおありでしょう。

仁左衛門さんのこれからのご活躍を願ってやみません。

どうかお元気でいてください。

1 2・・・>>次へ

スポンサードリンク

まだまだ出てくるウラ話!

PAGE TOP ↑