*

堀内正美に息子?!フィギュア・画像・嫁・家族・薬局・神戸市北区・若い頃・子供

公開日: : 男性有名人(は行)

引用元:http://horiuchi.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2010/12/12/photo_2.jpg

引用元:http://horiuchi.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2010/12/12/photo_2.jpg

 

堀内正美息子がいる?!フィギュアになった!家族は?神戸市北区薬局を開業!・若い頃画像は?子供は何人?

スポンサードリンク

 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

堀内正美のWikipedia風プロフィールはこちら↓↓

本名:堀内 まさみ

出身地:東京都世田谷区

身長・体重:172cm・62kg

誕生日:1950年3月22日

年齢:65歳

血液型:AB型

高校・大学:桐蔭学園高校・桐朋学園大学短期大学部

趣味:犬と遊ぶ

興味あること:庭に来る野鳥の名前を調べること

所属事務所:株式会社オフィスAMI

(2015年9月現在)

ベテラン俳優の堀内正美さん。

温かみのある声を持ち、柔和な顔つきで時には善人、また時には悪人の役を演じたりと幅広く活躍していらっしゃいます(^^)

最近では木村拓哉さん主演『アイムホーム』(テレビ朝日)で、上戸彩さんの父親役を好演なさっていましたね☆

仮面ライダードライブ』には敵役で出演!

共演するドライブメンバーに神戸の出来立てパンを差し入れしたそうな。

堀内さんのツイッターでは

仮面ライダードライブ敵方に〜塩ならぬ神戸の出来立てパンを贈る!食物さえ与えておけば〜従順で可愛い奴ら〜ふふふふふ〜ははははは〜

なかなかお茶目なおじさまなんですね(^o^)

自ら”まばたき俳優”と称している堀内さん。

彼曰く、

数多くのドラマに出演しているが〜ハッキリとその姿をさらす機会は少なく…~_~;

ほとんどが〜放送中にまばたきを一回するともう出てこない〜

いまは三ばたたき出演を目指し〜精進している!

だそうです(^_^;)

2004年にはイベント限定で「堀内正美フィギュア」が発売されました。

※フィギュア画像は⇨コチラ

スーパーひとし君もびっくりの、リアルな作りですね(`o`)

ファンにとっては感涙ものでしょうね(^o^)

そして2015年9月に放送の『踊る!さんま御殿!!』に出演します!

バラエティに出演するなんて珍しいですね(^^)

なんでも女性にモテてしょうがなかったから俳優になったと赤裸々に告白します!

本番中に口説きにかかった女性も明かされるそうですよ〜☆

気になります!

さんまさんと意気投合しちゃったりして〜(^^)

こいつはまばたきしていられないわ!

今回はそんな堀内さんについてレビューしたいと思います。

演出を目指していた?!

映画監督堀内甲氏をに持ち、その影響か当初は舞台演出を希望していた堀内さん。

蜷川幸雄さんの演出助手をしていた時に、TBSのプロデューサーにスカウトされます。

そして1973年『わが愛』でデビューを果たします。

「まさか自分が表舞台に出るとは思ってもみなかった」

と、当時の心境を語りました。

だーって若い頃は端正なルックス(今もよ!)だった堀内さん。

※若い頃の画像は⇨コチラ

こんな綺麗な顔立ちした人がいたら、誰だってスカウトしちゃいますよ♪

子供の頃から「きれい」「かわいい」と言われてきたそうですが、堀内さんは嫌でたまらなかったそうです。

俳優・高倉健さんのように、男っぽく骨のある風貌になりたかったんですって。

※高倉健さんの画像は⇨コチラ

無い物ねだりですな(^^;)

子供のアトピーで移住?!

結婚して数年後、から妊娠した事を告げられます。

自分が父親になる・・その瞬間、自分の子供時代がフラッシュバックしたように蘇ります。

幼少の頃、父が監督業で多忙だったため、一緒に遊べず寂しい時期を過ごした堀内さん。  

自分も「俳優の仕事」と「」の両立はできるだろうか…。

親として父として関われるのはせいぜい十数年

「子供といる時間を大切にしよう」

「父を刷りこんでやろう!」  

決意します。  

なんと母親学級にも通ったそうですヨ(`o`)

長男が誕生してからは、母乳をあげる以外はなんでもやったそうです!  

当時は”イクメン”なんて言葉がなかった時代、珍しがられたでしょう。

堀内さんの行動はまさに”イクメン”の走りですね!  

「絵本に動物の親子の写真や絵が載っていると、子供は「お母さんとぼく」というのが普通ですが、うちの子は「お父さんとぼく」と言っていたんです。」

しっかり「」を刷りこめたようですね(^^)  

誕生から1ヶ月ほど経った頃、長男の体に湿疹ができているのを発見します。

だんだんひどくなり、病院に行ったところ「アトピー性皮膚炎」と診断されたのです。  

今でこそ当たり前ですが、当時母親学級でも聞かなかった病名だったそうです。  

アトピーに効くといわれるものは、なんでも試しましたが、皮膚の状態は改善されませんでした。  

やがて妻の精神状態も不安定になって、自分を責めるようになるんです。  

タレントの松居一代さんも息子さんが重度のアトピーで苦しんでいて、自ら命を絶つことも考えたそうです。

そこまでに追い詰められるんですね・・・。

そんな時、担当のドクターが  

潮風がいいんだけど、東京では無理だしな…」  

とつぶやく姿にピンときます。  

潮風=海!  

当時は都内に在住し、海とは無縁の生活をしていました。  

そこで海のある地への移住を決心する堀内夫妻。  

茅ヶ崎・鎌倉・伊豆…幾つか候補地を挙げますが、選んだのは神戸!  

はもちろんもあります(^^)  

神戸を選んだもう一つの理由に堀内さんは、  

「神戸」の街はオシャレなイメージだし、車のナンバーもカッコイイから。

としています。

もちろん神戸の選択に、妻も大賛成だったそうです♪

筆者も観光で神戸に訪れたことありますが、素敵な街ですよね〜

おいしいケーキ屋さん・パン屋さんもあるし☆

神戸に引っ越すことを、所属しているプロダクションのマネージャーに伝えると

「仕事が減るよ。それでもいいの?仕事と子供のどっちを優先するの?」

と迫られました。

堀内さんの中で心は決まっていました!

「答えは簡単、もちろん子供。」

あっぱれ!

神戸に移ってからの生活は、予想以上に快適だったようです。

海に行き、畑作り・・あらゆることが新鮮で、興奮の連続でした。

人脈づくりも始めた堀内さん。

洗濯屋さんに酒屋さん、近所のお医者さんから駅員さんまで、出会う人すべてが”その日から友達”です。

今日から友達、明日も友達、ず〜っと友達さ〜♪

「子供のため」に神戸に移住しましたが、一番楽しんでいるのは、堀内さんだったりして〜(^^)

アトピーに苦しんでいた長男現在33歳、もう一人次男がいまして現在29歳

立派に成長しましたよ〜

ちなみに奥様についての情報はなかったため、おそらく一般の方でしょうね(*o*)

薬局を開業!

神戸市北区鈴蘭台にある「ほりうち薬局」のオーナーでもある堀内さん。

窓口にて薬を提供するほか、薬局に来れない高齢者の方・障がいを抱える方たちのために薬の配達もしているそうです。

堀内さん自ら配達することもあるそうです!

「 当然、俳優の仕事がない時は、僕が配達しています~!

と言うことは、ほとんど毎日、配達をしています~!

売れない役者40年続けていられるのも、ボランティアごっこをして良い人でいられるのも、この薬局のおかげなんです~!」

ブログにて自虐ネタを披露してらっしゃいます(笑)

薬局には地域の子供達が集まる憩いの場にもなっているようです。

素敵ですね!

最後に

1995年の阪神淡路大震災の後には、神戸市民の合言葉「がんばろう!!神戸」を提唱します。

堀内さんが作られた言葉だったんですね(@o@)

あわせて、市民ボランティア団体「がんばろう!!神戸」を結成して、避難所・仮設住宅・復興住宅で被災者支援活動を展開しました。

自らも被災して大変だったでしょうに・・・頭が下がります。

現在は、震災だけでなく事件・事故の遺族も参加して設立した認定特定非営利活動法人「阪神淡路大震災1・17希望の灯り」の理事を務めた経験を活かし、全国各地で講演活動をしています。

そんな父親の背中を見て育ったのか、息子さんが東日本大震災の際に、物資を集めて被災者の方々に送ったそうです。

お金になるならないに関係なく、必要としてくれているところがある限りとにかく働くポリシーをお持ちの堀内さん。

お子さんもそれをしっかり継承しているようです(^^)

かつてインタビューで

「ドラマや映画は主役だけでは完成しない。脇役や大勢のスタッフなど 一人一人が自分のできることをやって、作品が完成する。世の中には必要のない人間なんて、誰もいないんですよ。

と語った堀内さん。

裏方を経験され、映画監督の父を間近で見てきたからこそのお言葉ですね。

筆者もボランティア・社会貢献を自分なりにできるところから始めてみようかと思います。

俳優・ボランティア・薬局」の3本柱で走り続ける堀内さん。

俳優としては大ベテランなのに偉ぶらずに地域に溶け込もうとする堀内さん。

 しかもダンディー!!

筆者、ますますファンになっちゃいました!

これからも頑張ってください(^^)

1 2・・・>>次へ

スポンサードリンク

まだまだ出てくるウラ話!

PAGE TOP ↑