*

古村比呂の病気!顔足・番組・肌荒れただれ湿疹・皮膚・現在・旦那・画像cup

公開日: : 女性有名人(か行)

引用元:http://3.bp.blogspot.com/--COSwe5cir8/T9b4luR6z7I/AAAAAAAABNo/paZQHecwXgM/s1600/12.jpg

引用元:http://3.bp.blogspot.com/–COSwe5cir8/T9b4luR6z7I/AAAAAAAABNo/paZQHecwXgM/s1600/12.jpg

古村比呂現在は?番組で明かされる?!病気皮膚肌荒れただれ湿疹を引き起こす?布施博との結婚・離婚!子供は?!画像・cup

スポンサードリンク

 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

古村比呂のカップなどのWikipedia風プロフィールはこちら↓↓

本名:古村 郁子(こむら いくこ)

出身地:北海道江別市

身長・体重:160cm・非公表

誕生日:1965年11月24日

年齢:49歳

血液型:O型

カップ:B〜Cカップ(推定)

高校:北海道札幌啓成高校

趣味:旅行・ライブめぐり・サッカー観戦

(2015年8月現在)

今回レビューするのは女優の古村比呂(こむら ひろ)さんです。

2015年8月放送の『爆報!THEフライデー』に出演し、謎の病との闘病生活に密着するそうです。

肌荒れに悩まされ、皮膚ただれて湿疹ができているとか?!

女性なら誰もがやりがちなある行為で発症の可能性があるそうで、それは一体何なのか?!

筆者も気になります!

かつてトレンディ俳優と呼ばれていた布施博さんと結婚・離婚をした古村さん。

シングルマザーとして女優活動を再開したのは知っていましたが、一体どんな病魔に冒されたと言うのでしょうか?

 

北海道でスカウトされた!

1985年、北海道内のローカル番組出演中、放送作家の景山民夫さん(1947~1998)にスカウトされ上京します。

そして翌年にはクラリオンガール 準グランプリに選ばれます。

歴代クラリオンガールには原千晶さん、かとうれいこさんなど芸能界登竜門の一つとも言われています。

ちなみに今では議員として活躍中の蓮舫さんもクラリオンガールだったんですね(@o@)

そして古村さんは、映画『童貞物語』のヒロインオーディション優勝し、この映画で正式デビューを果たします。

直球ど真ん中!なんのひねりもないすごいタイトルです(^^;)

映画チケットを購入するときに「童貞物語、大人2枚」って恥ずかし過ぎる・・・。

1987年に放送された連続テレビ小説『チョッちゃん』(NHK)のヒロインを務めて、瞬く間に知名度は全国区となります。

その後もドラマ・映画に活躍する女優さんとなりました。

 

 

結婚・離婚

そんな人気絶頂の最中、古村さんは俳優・布施博さんと1992年に結婚を発表します。

※布施博さんの画像は⇨コチラ

二人は、ドラマ共演をきっかけに交際をしていたそうです。

結婚を発表した年には長男、翌年には二男、1997年に三男誕生しました。

芸能界を代表する“おしどり夫婦”と呼ばれていた二人。

しかし、1995年に布施さんと劇団員女優との浮気が発覚します。

このとき、古村さんは

「布施博の軽率な行動に関して妻として力不足を痛切に感じております」

お詫び文を書き、布施さんにマスコミの前で頭を下げさせました

この事件で、夫婦仲がギクシャクし始めました。

さらに追い討ちをかけるような事件が起きてしまいます。

1998年、主宰する劇団メンバーと飲食した布施さんは、劇団員に腹を立て、持っていたグラスをテーブルにたたきつけました

その破片が同席していた女性劇団員の顔面を直撃して、女性は大怪我をしてしまうのです。

女性は、布施さんに対して賠償金3700万円を求める訴訟を起こしました。

2005年に、東京高裁は、布施さんに800万円を支払うよう命じます

そして2008年に、別居が発覚した布施さんと古村さん。

表向きの理由は、重い病気を抱えた互いの両親の介護問題とされていますが、実際は上記のトラブル・裁判が二人の間にを作ったとも言われています。

両親の介護費用養育費などに加え、布施さんのトラブルによって高額の賠償金支払いが命じられ、家計は苦しい状態に(><)

「そこで古村は芸能活動復帰を決めたが、布施が反対。布施と別居後、古村は芸能活動を再開した」(写真誌記者)

別居をスタートしたと言われている時期が、布施さんの裁判が終わった後と言われています。

これはどう見ても、布施さんのトラブルが引き金になったことは確実ではないでしょうか(><)

布施さんの事務所側は別居を否定しますが、古村さんは

別居婚というんですかね。家族としての愛情はあります」

としましたが、布施さんとの連絡は、

「子どもは取ってるみたいだけど、私はあまり取っていない。布施の方から?ないです」

冷め切った夫婦関係をうかがわせる発言をしました。

同年、家庭裁判所に古村さんは離婚調停を申請します。

布施さんが離婚に応じなかったため、裁判に踏み切ったといいます。

2009年には、古村さんの主張が認められ、布施さんとの離婚が成立しました。

泥沼でしたね(^^;)

 

3男の親権は古村さんが持つことになりました。

離婚後、ワイドショーに出演した古村さんは

「別居から2年半いろいろあって今はスッキリしています」

笑顔をみせます。

布施さんについては

「本当にありがとう。感謝です。3人の子どもも授かり、いろんな経験をさせてもらえた。今やっとそう思えるようになりました」

と最後は涙を拭いました。

別居中は誰にも相談できずに苦しんでいたそうです。

現在は3人のお子さんも大きくなり、下のお子さんは18歳になられたのかな?

もう手が掛からない年齢ですね(^^)

そろそろ古村さん、女性としての幸せを見つけていただきたいなと願うばかりです。

 

検診でがんが発覚!

2011年12月に予防接種なども兼ねた健康診断を受けたところ、初期の「子宮頸部上皮内がん」が見つかります。

症状もない段階での早期発見だったことからすぐに手術を決意。

術後の経過は順調だったかのように思えたのですが・・。

その後の検査でがんの進行が分かり、1ヶ月後に子宮を全摘出してしまうのです。

手術当日の朝、ブログ

「子宮には 大変お世話になりました。何よりも命を授かり 私は 三人の素敵な子どもを授かりました。本当に しあわせ者です」

「子宮さんお疲れさま そして ありがとう」

とメッセージを送っていた古村さん。

気丈に振舞っていますが、内心不安だったでしょうね。

手術は成功して、術後も順調な回復をみせ、無事退院を果たします!

術後の組織検査の結果でも転移が見られず、追加治療なしと診断されたと明かした古村さんはブログで

「ホッとしております やっと一区切りつきました」

安堵した様子。

「これからは1日でも早く復帰できるよう リハビリしていきます! みなさまと笑顔でお会いできるのを楽しみにしています」

と綴りました。

そして2012年6月、本格的に仕事復帰した古村さん。

「動いていないとがんに負けそうな気持ちになるとか、前向きに仕事をしていった方が自分のいいリハビリになるという気持ちもあった」

「母ちゃん働かないと、というのもあるし」

と笑う古村さん。

3人のお子さんを抱えて自分が大黒柱となって稼がなきゃいけないから(><)

母は強しです!

現在は?後遺症は??

古村さんの現在は定期検診を欠かさず行い、良好な状態をキープ☆

しかし、子宮がんを患ったことで、排尿障害足がむくむリンパ浮腫といった後遺症に苦しんでいるそうです。

リンパ浮腫とは腕や足がむくんでしまう症状で、乳がん、子宮がん、卵巣がん、前立腺がん、皮膚がんなどの治療による後遺症の一つです。

軽いむくみであれば、自己管理をしながら普段の生活を送ることができます。

しかし重症化すると、皮膚が乾燥しやすい・硬くなる・毛深くなる・関節が曲がりにくい、動かしたときに違和感があるなどの変化があらわれます。

ただのむくみだからといって放っておいてはいけませんね。

 

もうひとつ、古村さんが悩んでいる肌荒れ

後遺症とつながっているかは定かではありませんが、子宮を全摘したことでホルモンバランスが崩れて肌荒れを引き起こしているのではないかと言われています。

女性は辛いですね・・・。

しかも女優さんですから見た目も大事。

それを赤裸々に公表する古村さんの勇気は、同じ悩みを持つ人を奮い立たせているのではないでしょうか?

 

子宮頸がんになってみて、いろんなことを知りました。偏見を持たれやすい病気だが、みんなが理解しあっていかなきゃいけない病気だということと、唯一、予防ができる病気だと知った。子宮を取ることとか、手術はとてもつらい。ずっと一生付き合っていくことなんで、ぜひ、検診に行ってほしいと思う」

 

と話す古村さん。

女性だけではなく、男性にも知ってほしいですね!

 

最後に

古村さんは芸能活動の傍ら、リンパ浮腫のコミュニティサイトを立ち上げ、同じ悩みを持つ方と交流の場を設けているようです。

決して人ごとではない病気。

検診をおろそかにしてはいけませんね!

離婚・裁判・がん・・・まさに”波乱万丈”という言葉を凝縮したかのような人生の古村さん。

同じ女性として彼女の幸せを願ってやみません。

1 2・・・>>次へ

 

スポンサードリンク

まだまだ出てくるウラ話!

PAGE TOP ↑