*

又吉直樹・彼女!バレー・渡辺直美・火花・芥川賞発表・結果・口コミ・ストーリー・画像

公開日: : 男性有名人(ま行)

引用元:http://www.nikkei.com/content/pic/20150314/96958A9F889DEAE6E0EAE2E1EBE2E3E0E2E1E0E2E3E7E2E2E2E2E2E2-DSXMZO8428960012032015000001-PB1-8.jpg

引用元:http://www.nikkei.com/content/pic/20150314/96958A9F889DEAE6E0EAE2E1EBE2E3E0E2E1E0E2E3E7E2E2E2E2E2E2-DSXMZO8428960012032015000001-PB1-8.jpg

芥川賞結果発表!ピースの又吉直樹火花口コミ評価は?大学はどこ・彼女バレー部だった渡辺直美?!画像

スポンサードリンク

 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

又吉直樹のWikipedia風プロフィールはこちら↓↓

本名:又吉 直樹(またよし なおき)

出身地:大阪府寝屋川市

身長・体重:164cm・58kg

誕生日:1980年6月2日

年齢:35歳

血液型:B型

高校:北陽高校

趣味:サッカー・散歩・読書

相方:綾部祐二

(2015年7月現在)

お笑いコンビ・ピースのボケ担当・又吉直樹さん!

※ピースの画像は⇨コチラ

右に位置するのは、相方・綾部祐二さんです。

2010年のキングオブコントでは準優勝を果たします(^^)

 最近では作家としての活動に注目が集まっていますね。

今回は又吉さんについてレビューしたいと思います。

大学はどこ?

又吉さんの最終学歴は北陽高校とありますので、大学は出ていないようです。

ただ、この高校は2008年に学校法人関西大学と合併したんですね。

その際に「関西大学北陽高校」と変更しています。

この出来事は又吉さん卒業後の話なので関係ないのですが(^^;)

校名に「◯◯大学」と入っていると大卒なの?と間違えちゃうかもしれません。

ちなみに北陽高校はサッカーが強いんです。

全国大会へ34回出場、うち全国制覇は2回もしているそうな!

中学サッカーで名を馳せた人々が入部してくるかなりの強豪校です。

そのサッカー部に又吉さんが所属していたというから驚きです!

大阪府代表としてインターハイにも出場しているんですよ~。

筆者、完全にインドアでスポーツダメかと思っていました。

人を見かけで判断してはいけませんな(`o`)

そんな中で又吉さんは、お笑いの道に進むことを密かに決心します。地元の大阪ではなく上京してNSC東京校の5期生として入学をするんですね~。

ちなみに同期は平成ノブシコブシ大西ライオンです。

文学少年?!

作家・太宰治氏を愛してやまない又吉さん。

※太宰治氏の画像は⇨コチラ

太宰氏の代表作は「走れメロス」・「人間失格」がありますね。

ちょっとプライベートでは病んでいるイメージがありますね(^^;)

又吉さんは、これまで2000冊以上本を読んだというほどの読書家で知られています。

ちょっと乱暴ですが、2000冊を又吉さんの年齢35で割ると・・・。

1年に57冊読んでいるってことですよね?!

1ヶ月で4〜5冊は読まないと追いつきませ〜ん(*_*)

速読できるのかしら?!

そんな又吉さん。

少年時代には、国語の実力テストの知能偏差値75で全国トップになったことがあるそうな。

ちょっとお笑いのイメージから程遠い経歴ですよね。

火花の口コミと評価は?!

2015年の『文學界』2月号に、の中篇小説『火花』を発表し純文学デビューを果たします。

又吉さんの作品の掲載効果か、『文學界』2月号の累計部数は発売2日後で4万部に達すると異例の事態に。

同誌が1933年の創刊以来初となる重版がかかるほどの話題作となりました。

芸人さんで本を出版される方は多く見てきましたが、これほど注目されたのは筆者が知る限り、いらっしゃらないような気がします。

同年3月には、文藝春秋より『火花』の単行本が発売されます。

発売して1週間も経たないうちに計35万部に達してしまいます。

急いで重刷手配じゃ~と嬉しい悲鳴が出版社から聞こえてきそう!

又吉さんは本作について

「共感できなくても芸人の世界を理解してほしい。」

と語っています。

謙虚ですね~(^^) 

その『火花』が、第28回三島由紀夫賞候補に挙げられ話題騒然となりました。

その選考会では、受賞作『私の恋人』(上田岳弘さん)との決選投票に持ち込まれるほどの接戦!

しかし惜しくも3対2で敗れ、受賞を逃してしまうんです。

選考委員の辻原登さんは、

「落ちるはずのない作品が落ちた。2作受賞でも良かった」

と述べていることから、選考委委員の方々から高い評価を受けていたようです。

そんな気になる「火花」のあらすじは・・・。

物語は、売れない芸人の主人公「徳永」が癖のある先輩芸人「神谷」に出会いはじまる・・・

神谷に心惹かれ弟子入りする主人公

二人はお笑いの世界にもまれる中、様々な紆余曲折を経て・・・・・・結局は別々の道を歩むように

借金、逃亡・・・あらゆる出来事に翻弄される二人

時を経てまた二人は再会するのだが・・・

又吉さん自身の体験に基づいて作られた小説だとも言われていますね。

ところどころ笑いをちりばめられており、

「漫才のような感覚で読んでほしい」

と、又吉さんが読者に求めるのはソコのようです。

筆者も是非読んでみたくなりました!

そして6月には、第153回芥川龍之介賞の候補に挙げられます。

で、芥川賞っていうけども中身をよく知らなかった筆者。

調べてみますと・・・。

新人作家による発表済みの短編・中編作品が対象となり、選考委員の合議によって受賞作が決定される。

つまり、芥川賞獲りたいんで、作品書きました!見てください!

一般の人が応募してもダメなんですね。

新人」の基準については正直曖昧な部分もあるそうです。

10年目の作家を「新人」とみなして芥川賞候補に入れていたこともあるようで、、、。

要は審査員のさじ加減ってとこなのかしら?!

そして、芥川賞と一緒に話題になるのは「直木賞」ですね。

選考対象が中堅作家が対象で、大衆文芸(小説)に贈られる賞のことを言います。

受賞者には正賞として懐中時計、副賞として100万円(2011年現在)が授与される。

これは芥川賞も直木賞も同じのようです。

芥川賞受賞発表を直前に控えた又吉さんは、

「自信はないし、取れるか取られへんかより、どう読んでいただけるのかという期待と怖さがある」

と複雑な表情もみせながら・・・

「取れたらうれしいですけれど、取りたいんやったら叫べと言われたら叫べない。恥ずかしさが勝ってしまう」

と終始控えめに答えていました。

ついに芥川賞受賞!

周囲からの期待を一身に背負って臨んだ7月16日に受賞発表の日を迎えました。

「火花」は、羽田圭介さんのスクラップ・アンド・ビルド」とともに受賞を射止めました!!!!

おめでとう!

芥川賞の発表って掲示板にペタッと受賞者の名前と作品を貼るというなんとも味気ない感じなんですね。

てっきり代表の方が、アカデミー賞授賞式みたく壇上で読み上げるのかと思い込んでいました

選考委員の作家・山田詠美さんが会見の中で

「最初の投票の時点で、又吉さんが最も高い得票だった。読むと、どうしても書かざるを得ない切実なものが迫ってくる。主人公と先輩の間の、まさに火花が散るような関係が良く書けている。」

とベタ褒め。

周囲が興奮冷めやらぬ中、又吉さんは

「もし自分が明るい人間だったら、フゥ~!って言ってるくらい今は嬉しい気持ちでいっぱいだそうです。」

いったいどこまで冷静なんだ?!

この無欲さが賞を呼び込んだのかもしれませんね(^_^)

ちなみに賞金100万円の使い道としては、行ったことのない国の料理などを食べたいそうです。

(相方の)綾部さんは好き嫌いが食べ物の好みが激しそうなので一緒に行くのは難しいようです(^^;)

彼女は?

女優・本田翼さんがかつてテレビ番組で

「又吉さんのことが好き」

告白していました。

これは交際に発展するのか?!

と思いきや、なーんにもなかったそうですよ。

結局本田さんは俳優の三浦翔平さんと熱愛報道が出てしまいます。

出たよ!

女優がお笑いタレントを「好き」と言って、ちょっとハードル低い子かなと思わせて、本命はイケメンかよって(`へ`)

あるある!

又吉さん淡い期待を抱いていたのかしら?

だとしたらお気の毒ですね(><)

今、お付き合いしている人はと聞かれた又吉さんは

「僕、いないです」

とフリーであることを告白。

報道陣から今の気持ちを川柳で!と無茶ぶりされると

「泥まみれ 右腕なげておはよう」

という珍回答を絞り出し、笑わせました。

執筆活動と芸人の両立に忙しく、今はそれどころではないのかもしれませんね(`o`)

渡辺直美と熱愛?バレー?

独特の個性を持つ又吉さん。

それでも好いてくれる人はいたんです!しかも身近に!

同じ事務所所属の芸人・渡辺直美さんです。

※渡辺直美さんの画像は⇨コチラ

渡辺さんは又吉さんのことを

「超イケメン!」

と絶賛していたことや、仲の良さそうな2ショットをブログによく上げていることから噂となったようですね。

一方で又吉さんは

「5年付き合った彼女と別れてまだ引きずっている」

と番組で明かしており、渡辺さんのことは恋愛対象ではないようです(`_`)

恋人というより、仲のいい芸人仲間として渡辺さんを見ているんですね~!

ブロークンハート渡辺さん(><)

ちなみに、又吉さんの「彼女」と検索すると、「バレー」というキーワードが付いてくるのですが、どういうことでしょうか。

渡辺さんは学生時代、痩せていてモテていたそうです。

自身のツイッターでは

バレー部だよ!ドラムなんて叩いたことないよ!」

と、かつてバレー部だったことを明かしています。

その後渡辺さんは

「中学卒業後3ヶ月は痩せていてモテていたが、ファミレスでアルバイトをしていたら、ストレスと賄いにより25kg程太ってしまい今の体型になった」

とのこと。

もともと綺麗な顔立ちの渡辺さん。

ダイエットしたら又吉さんが振り向いてくれるのかもしれませんね!

おそらく、又吉さんと渡辺さんが付き合っているという誤報が、渡辺さんがバレー部だったことから尾ひれがついて、根も歯もない情報になってしまったのかしら?

最後に

又吉さんが敬愛する太宰治氏ですら獲ることは叶わなかった芥川賞。

受賞した又吉さんとしては感慨深いものがあるでしょうね。

「テレビで『太宰が好き』とか勝手に言うたびに申し訳なくて、そのたびに三鷹にお墓参りに行っている。今年も2回、3回行った」

と太宰氏への変わらぬ想いを述べた又吉さん。

しばらくは又吉フィーバー続きそうですね!

さあ、次は『火花』の映画化かしらね~(^^)

1 2・・・>>次へ

スポンサードリンク

まだまだ出てくるウラ話!

PAGE TOP ↑