*

原節子が死去!死因・現在・ハーフ・脂肪冷凍・結婚・出川哲朗・画像・子供cup

公開日: : 女性有名人(は行)

引用元:http://www.ushiku-shimin.jp/userimage/42_2_1619.jpg

引用元:http://www.ushiku-shimin.jp/userimage/42_2_1619.jpg

原節子死去死因は?現在画像はある?!結婚して子供がいたの?ハーフなの?!脂肪冷凍・出川哲朗との関係は?!cup

スポンサードリンク

 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

原節子のカップなどのWikipedia風プロフィールはこちら↓↓

本名:会田 昌江(あいだ まさえ)

出身地:神奈川県横浜市

身長・体重:165cm・非公表

生年月日:1920年6月17日

没年月日:2015年9月5日(満95歳没)

カップ:Bカップ(推定)

最終学歴:私立横浜高等女学校(現:横浜学園高等学校)中退

職業:女優

(2015年11月現在)

伝説の大女優」と呼ばれていた女優の原節子さん。

2015年9月に肺炎のため、神奈川県内の病院で亡くなっていたことがわかりました。

享年95歳

亡くなる3週間前から体調を崩して入院していたそうです。

葬儀は近親者だけで、すでに行われたということです。

1963年に女優業を引退し、それから今回の逝去が伝えられるまで表舞台には一切姿を見せませんでした

ですので、現在の画像は見当たらず(><)

若い世代にはピンとこない女優さんですが、戦前から戦後にかけて活動し、日本映画の黄金時代を体現した女優さんの一人です。

今回は原節子さんについて哀悼の意を込めてレビューしたいと思います。

ハーフ?

現役時代は、その美しさから「永遠の処女」と賞されてきた原さん。

長身で、くっきりとした顔立ちに、”ハーフ”の噂が流れていました。

ちまたでは、日本とドイツのクォーターなど様々な情報が飛び交い、真実は分かっておりません。

実家が横浜で生糸の輸出を営む裕福な問屋だったそうなので、おそらく日本人ではないかと筆者は推測します。

若い頃は、学校の先生になるのが夢だった原さん。

しかし、実家の商売が立ち行かなくなり、経済的に困窮してしまいます。

家族を養うために泣く泣く女学校を中退して、女優になりました。

昔は原さんのように、金銭的な理由で芸能界に入る人が多かったですね。

時代の流れを感じます。

15歳で映画デビューした当時はアイドル女優揶揄されましたが、次第に頭角を現します。

時には控えめでしんの強い女性役を演じ、また別の作品ではコミカルに日本の理想女性とはかけ離れた役も演じました。

女性像を作品によって演じ分けることができた稀有な女優さんだったんですね(`o`)

やがて数々の名作に出演を重ねて、日本映画を代表する美人女優として活躍しました。

100本以上の映画に出演して、その大多数が主演という原さん。

しかし実は、人前で演じることが大嫌いだったそうです。

新聞の取材に

「実は何とかやって行けばいいというのが本音だったんです。

私っていう人間は、家庭にいる方が向いていたようです」

本当に女優が嫌だったのね(^^;)

そんな原さんの思いとは裏腹に、「伝統的な日本女性の理想像」と崇められ一躍スターの地位を確立するんですね〜

なんとも皮肉な・・・。

突然の引退!

しかし1962年、映画『忠臣蔵』の出演を最後に、突然の引退をしてしまいます。

人気絶頂さなかの理由なき引退に、世間は騒然となりました。

様々な憶測が飛び交いましたが、一説には実兄の事故死が影響かと言われています。

1953年7月10日の夜、汽車とホームを借り、原さん主演、義兄・熊谷久虎監督、実兄・会田吉男カメラマンのトリオで東宝「白魚」のロケ中。

打ち合わせの不備から、停止ラインを越えてきた機関車に会田氏らがはね飛ばされ瀕死(ひんし)の重傷を負った。

会田氏は病院に担ぎ込まれたが翌11日に死亡

良き相談相手だった兄を失い、原さんは会田夫人と抱き合って泣いたあとは放心状態だったという。

自分の目の前で兄が列車にはねられるなんて、ショックすぎます。

新たに兄の遺族の面倒を背負い込んだ原さんは、かつて記者に

「わたしっていつもこういう役回りなの。

やめようと思ってもやめられないの

とこぼしていたそうです。

働きづめの生活の中、睡眠をとるため、アルコールに頼ることもあったとか。

さらには過労のために慢性的な腸の疾患にも苦しんでいたそうです。

1954年には、撮影中に強い照明を浴び続けたことで白内障にかかり、その治療のための手術を受けます。

手術は成功したようですが、それでも彼女は片目がずっと不自由なままだったとか。

それもまた引退の原因になったとも言われています。

女優としてそのまま老いを晒すよりも、本名の”会田昌江”で残りの人生を生きようとしたのでしょうか。

引退後は?!

引退後は、鎌倉に住む原さんの姉夫婦の敷地内に家を建てて生活をします。

そんな俗世から離れたかつての大女優をマスコミは追いかけます。

1979年には、写真週刊誌に庭を掃除する姿などが掲載されました。

結婚でスパッと引退した山口百恵さんも、引退後は執拗にマスコミに追いかけられていましたね(><)

みんな気になるんですよ〜(*へ*)

女優時代に住んでいた東京都狛江市の自宅跡地を1993年に売却し、長者番付に名前が載って話題になったことも。

その時もそっとしてほしいとのことで取材には応じませんでした。

1986年には、義兄であり彼女の世話人でもあった熊谷久虎さんが死去

すると彼の後を追うようにして、翌1987年には妻の光代さん(原さんの姉)もこの世を去ってしまいます

大切な身内を失った彼女は、その後夫妻のお子さんとともに生活を続けていました。

マスコミの取材に原さんの代理として対応していた方が、原さんの甥っ子のようです。

原さんは、10年以上前に入院したことはありましたが、その後は料理や洗濯も自分で行い、元気に暮らしていたそうです。

興味を持って本や新聞をよく読み、頭はしっかりしていたんですって。

近所付き合いは特になく、時折、親族が訪ねてくる程度で、映画館などにも一度も出掛けたことはなかったとのこと。

ただ、テレビで放送する映画などはたまに見ていたそうです。

外出は、近所の買い物に出かける程度でした。

帽子を目深にかぶり、すれ違う人は誰も原さんだとは気づかなかったようですね。

世間は女優時代のイメージでしか原さんを想像できませんからね(~_~)

芸能界の甘い蜜を吸ったら、引退してからもそれが忘れられず復帰する方も多くいらっしゃるというのに・・原さんは徹底してますね!

潔いのは確かなようですが、ファンとしてはもっと原さんのスクリーンでの活躍を見ていたかったのではないでしょうか?

結婚は?

生涯独身を貫き、子供もいなかった原さん。

女優時代、唯一のスキャンダルは、小津安二郎監督との仲を疑われたことくらいだそうです。

※小津安二郎さんの画像は⇨コチラ

小津さんも独身だったそうなので、当時いろいろと言われていたのでしょうね(~~;)

監督と女優さんが恋に落ちるのは当時よくありましたからね〜

女優の司葉子さんが、

「ある酒席で誰かが気をきかして、小津と原節子が隣り合わせに座るようにしたら、小津は照れて真っ赤になって、ロクに原節子と話しができなかった」

とのエピソードを明かしました。

素の男と女に戻れば、憧れの女性を前にした純情な少年のようなってしまったようですね(^^)

1963年には、小津さんの通夜に原さんは参列して、人目もはばからず号泣したそうです。

原さんが”大根役者”だと批判された時には、小津さんはそれは監督の手腕のせいだと原さんをかばい、高く評価していました。

プラトニックな関係??

男女の愛を超えたを感じます。

脂肪冷凍した?

原さんについて検索すると「脂肪冷凍」のキーワードが!

女優も若さを保つためにいろいろ努力しなければいけないのよね〜と思い調べてみると・・。

どうやら大阪にあるエステサロンの代表が原節子さんという方で、原さんと同姓同名(^_^)

脂肪を冷凍して、老廃物として排出するのを売りにしています。

筆者もやってほしい!!

というわけで女優の原さんとは全くの無関係でした(^^;)

出川哲朗との関係は?

原さんについて検索すると「出川哲朗」のワードが出てきます。

※出川哲朗さんの画像は⇨コチラ

もしかしてアポなし突撃して怒られたとか〜?

やばいよ やばいよ〜〜〜

出川さんの実家は海苔問屋で有名ですが、親戚が経団連会長など財界の大物を輩出する名門だそうです。

出川さんのひいおじいさんの1人、佐助さんのである精造さんのが、華道「草月流」を仙台に広めた「石井緑園」という人物と言われています。

そしてこの方の妹が原節子さんという説があるんですね〜。

2男5女の末っ子だった原さん。

4人のお姉さんのうち一人が「石井緑園」なのでしょうか?!

もしこの話が事実だとしたら、原さんと出川さんは縁戚関係?!

しかし、草月流の方によれば「石井緑園」さんについては

「聞いたことない」

ということでした。

※出川さんについての詳しい記事は⇨コチラ

確証はないようですね(`o`;)

原さんについての謎がまた一つ増えました〜〜(@_@)

最後に

女優を突然引退し、その理由を語ることもなくひっそり逝ってしまわれました。

最後までミステリアスな方でした・・・。

各界からは原さんを悼む声が上がっています。

昭和を駆け抜けた女優・原節子さん。

ご冥福をお祈りいたします。

1 2・・・>>次へ

スポンサードリンク

まだまだ出てくるウラ話!

PAGE TOP ↑