*

たかまつななの実家どこ?画像・フェリス女学院・つまらない・ネタ・cup・ブログ

公開日: : 最終更新日:2015/10/01 女性有名人(た行)

スクリーンショット 2015-05-24 0.55.15

引用元:http://www.sunmusic.org/images/profile/192.jpg

お嬢様芸人たかまつなな実家はどこ?フェリス女学院出身?ネタつまらない?・cupブログ画像

スポンサードリンク

 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

たかまつななのカップなどのWikipedia風プロフィールはこちら↓↓

本名:高松 奈々(たかまつ なな)

出身地:神奈川県

身長・体重:159cm・51kg

誕生日・年齢:1993年7月5日・20歳

血液型:O型

カップ:Bカップ(推定)

高校・大学:フェリス女学院高校・慶應義塾大学在学、東京大学大学院在学

職業:お笑いタレント

(※2015年5月現在)

お嬢様芸人」として芸人として活躍する傍ら、大学に進学して勉学に励んでいるたかまつななさん。

今回は、若手有望株のたかまつさんについてレビューしていきたいと思います。

実家はどこ?お嬢様なの?

たかまつさんの父親職業は不明ですが、某有名宗教団体の幹部だと言われています。

この団体の幹部はそれなりの財力を持っていないとなれないため、年収は5000万円以上の幹部も多数いるそうです。

曽祖父東大の名誉教授で東京ガスの社長を務めたことがあるそうですし、お父様もさぞかし有名企業の重役なのではないでしょうか。

そしてご先祖様が何と!坂上田村麻呂だそうです。

皆さん、歴史の教科書で一度は目にした名前では?

平安時代の武官で、天皇家に仕えた人物です。

たかまつさん、そんな由緒ある家系だったんですね(@o@)

たかまつさんの実家はお金持ちでどうやら確定のようです!

「お嬢様」は作られたキャラではなくて筋金入りだったんですね。

芸人を志すきっかけが爆笑問題?!

子どもの頃はジャーナリストを夢見ていた、たかまつさん。

中学生の頃から6年間読売新聞のこども記者をやっていたそうです。

2011年からは第14代高校生平和大使として国連大使も務めています。

すごいです!利発的なお子さんだったのですね(@o@)

芸人を志したきっかけは、中沢新一太田光(爆笑問題)の共著憲法九条を世界遺産に』(集英社新書)を読んだことだそうです。

※中沢新一さんの画像は⇨コチラ

※太田光さんの画像は⇨コチラ

太田さんの発言の面白さに

『この方は、なんてユニークな提言をなさる学者さんなんだろう』

と深い感銘を受け、巻末に記してあった太田さんのプロフィールに『芸人』と書かれているのを見て、

『芸人さんって、素晴らしい職業!』

と思ったそうですよ。

NHKの番組以外いっさい見ない家庭で育ったため、子どもの頃は爆笑問題すら知らなかったそうです(~_~)。

太田さんの過激で核心を突く発言はたかまつさんにとってセンセーショナルだったのでしょうね。

たかまつさんの芸風は?ネタが面白くない?

フェリス女学院出身であることを活かして、フリップをめくりながら演じる『お嬢様言葉』のネタシリーズが代表例となっています。

各界の名言や流行語、アニメの名セリフ、有名なギャグなどをお嬢様言葉に変換するなど、いくつかのお嬢様言葉シリーズのネタを披露しています。

ちなみにこれらのネタは、フェリス時代にお世話になった教師やその学校の環境に影響されていたことから出来たそうですよ~。

経験が活きていますね(^^)

なお、芸人活動を始めるにあたって、フェリスの生徒指導主任から

「絶対に友達や他人を傷付けず、清く正しく品格あるお漫談をやりなさい」

と言われ、今でもこれを心がけているそうですよ (^^)

そんなネタ・芸風が「つまらない」「斬新で面白い」と賛否両論だそうです。

まぁ、面白い・面白くないは個人の主観なので致し方がないと思いますよ。

そこで、たかまつさんのお笑い活動での経歴・受賞歴をまとめてみました。

2009年 漫才台本甲子園(2年連続佳作を受賞)

2011年 ハイスクールマンザイ2011(地区大会優勝

2011年 笑顔甲子園(審査員特別賞

2013年 タイタンライブ・レア優勝

2013年 R1ぐらんぷり(準決勝進出

2013年 ワラチャン!U-20お笑い日本一決定戦(優勝

コレと決めたらひたすら突き進む行動力が凄まじいですね。

芸能界に入る前から、数々のお笑いコンテストに出場して己の芸を磨いてきたんですね!

ある芸能関係者は、たかまつさんの将来性についてこう話しています。

「ジュネーブ軍縮会議を始めとして、大勢の前で論文を読み上げることを多く経験しているので、過度の緊張は無縁なんです。これがかたかまつさんが大きなお笑い大会で結果を残してきた要因だと思いますよ。」

「とにかく頭の回転と文章能力が並じゃないので、フリートークでは先輩芸人よりしゃべれることもしばしば。このまま行けばたかまつさんは、バラエティ番組でもしっかりフィットしてブレイク間違いないでしょう。」

プロも太鼓判を押すたかまつさんの今後は明るいのではないでしょうか?

 

たかまつななの最終目標は?!

学識はありますが、一般庶民の知っていることは意外とご存知ないたかまつさん。

例えば芸人になるまで、ラーメン専門店に入ったことが無く、芸人デビュー後に初めて入ったそうです。

マネジャーに連れられて入った牛丼店でも、コップの水をフィンガーボウルと勘違いして、その水で指先を洗ってしまったとか・・。

そんな浮世離れしたところもまた魅力ですよね(^^)

お嬢様の割には自分自身の力で道を切り開こうとしていますし、根性あると思います。

たかまつさんは「お笑い芸人」という枠から飛び出し、『ポスト池上彰』になることを最終目標とされているようです。

ご自身のブログタイトルが「お笑いジャーナリストの道」ですし、本気度は高いといえますね。
※池上彰さんの画像は⇨コチラ

 

異色のお笑い芸人目指して頑張ってほしいものですね(^^)

ちなみに名家出身の高松さんはお笑いの道を家族から反対を受け、大学卒業までに芽が出なければやめる約束をしているそうです。

もう芽が出始めているのではないでしょうか(^^)

ぜひとも芸能界で活動し続けて、お茶の間に笑いを提供していってほしいと思います。

今後の活躍を期待しています!

1 2・・・>>次へ

スポンサードリンク

まだまだ出てくるウラ話!

PAGE TOP ↑